スポンサーリンク

2020年おすすめポケットWi-Fiはこれ!

GMOとくとくBB WiMAX2+1択

外でのネット環境はスタバを中心にフリーWi-Fiが広がってきていますが、まだまだ設置数は少なくセキュリティーやスピードが遅いなどの課題が残っています。私自身も外で仕事をすることが多く、仕事の合間を縫って別の仕事をする際にいちいち移動するのに時間がとられては元も子もありません。

そこで今回おすすめするWi-Fiについて私の経験を踏まえてご参考にして頂ければと思います。

ポケットWi-Fiの比較

まず、今回おすすめするWiMAX2+が何故おすすめなのか、他機種と比較してみます。

今回おすすめのNEXT W06はWiMAX2+の商品となっており、auの回線を使用しています。今回のスピードはベストエフォートではなく、使い放題での最大スピードで記載しております。

WiMAX2+では、通常はハイスピードモードという使い放題のプランがあります。ただし、オプションとして設定されているハイスピードプラスエリアモードを使用することにより、月間7Gまで下りスピードが1.2Gへ上昇しますが、7G以降は制限が掛かると1Mbpsまで落ちます。)

上記の図のように、ソフトバンクに比べて下りのスピードはやや遅くなりますが、その差は僅かです。7Gと使い放題では雲泥の差がありますので、ここはスペックとコスパを鑑みてWiMAX2+の圧勝です。

本体費用

本体に関しては、キャリアによって違いがあります。

  • WiMAX2+ 代金:無料(GMOとくとくBB)
  • ドコモ SH-05L 代金:27,720円〜
  • ソフトバンク 601HW 代金:27,000円 

WiMAX2+での機種比較

私自身既にWiMAX2+を愛用して3年になろうとしています。現在本体が手元に無くなってしまったので、素材用の写真を使って比較したいと思います。

今まで使用したのがW05で今回新しくW06に切り替えを行いました。

特徴は以下の様に挙げられます。(W05→W06)

  • 最大下りスピード:758Mbps→1.2Gbps

実はW05を週5日ほど使用していた所、2年経過しない程度で電池の減りが早まったことに気がつきました。普段であれば6時間程度は使い続けることが出来たことが、4時間程度まで減少する事態に。

電池の寿命には注意が必要!

残量がある状態での継続的な充電や夏場の暑い所に置きっ放しなどは劣化が早まるので、外で利用する人は心がけておくと良いかもしれません。

電波の拾いも改善

これは余談ですが、以前のWiMAX2+のデメリットは電波受信で弱い所があることです。

例えば、W05で使用していた際に海岸沿いにて使用しようとした所、なんと電波を拾うことが出来ませんでした。海沿いが生活圏の私としては非常に重要な問題でしたので、例えば子供達を遠出に連れて行く際にYoutubeなどが見れなくなるなどの心配が付きまといました。

機種のアップグレードにより既に改善されています。ホームページでは部屋の中での電波キャッチをうたってますが、実は外でも同様に改善されています。おかげさまで海岸で拾えなかった電波が拾える様になりました。

WiMAX2+のキャンペーンについて

最後にサイトで行われているキャンペーンについて簡単にアナウンスしておきます。

現在行われている特典は2つ

  • キャッシュバックタイプ
  • 月額料金還元タイプ

どちらもおすすめですが、私は過去にやってしまっています。

キャッシュバック申請忘れ。11ヶ月後のメールで指定のURLからキャッシュバック情報を入力して還付されるタイプですが、すっかりと忘れておりました。結果は当然受け取り不可となります。ですので、不安がある方は月額料金還元タイプが良いでしょう。

以下のバナーはホームページにはない申し込み方法で、キャッシュバックがお得になるそうです。宜しければご利用ください。(通常サイトでのキャッシュバックは最大31,500円とのことです。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました