スポンサーリンク

ノンプロのスポーツおすすめ

メジャースポーツなのにプロじゃない

今日はひまつぶしネタとして、前回に引き続きスポーツにスポットライトを当ててみました。皆さんはスポーツというとどんな競技を思い浮かべますか?サッカーや野球、バスケットやバレーボールなど様々な種目に子供時代から関わっていたかと思います。

そんなスポーツにもプロ化されていない種目が沢山あります。

プロとノンプロの違いとは?

サッカーや野球などは皆さんが想像出来る様にプロスポーツとして日頃テレビや試合観戦など身近にありますね。彼らはプロ選手として活躍しておりますが、サッカーや野球にもプロ以外の選手も多くいます。

その違いは、お金または報酬を貰ってスポーツ活動しているのか、それとも無報酬で活動しているのかです。

例えば、プロ野球であれば球団から契約金やボーナスなどが選手契約の際に契約書として結ばれて、規定の水準に応じて報酬が支払われます。当然活躍出来なければ、最低限の契約書の条件に基づいて支払われ、最悪解雇という事もあります。

一方でノンプロは、無報酬で活動しているので試合報酬などの収入は基本的にありません。実業団などで活動している選手は基本的に所属している部署で仕事をしながらスポーツ活動を行なっているのです。

つまりは、仕事で働いたお金を給料として頂きながら別途スポーツ活動を行う環境を提供されているということです。(または提供されておらず自分たちで準備している)

プロ化されていない国内スポーツ

代表的な事例を挙げてみましょう。

  • バレーボール

つい最近バスケットボールはBリーグが開幕してプロ化されていますので、今回はバレーボールに焦点を当てます。

バレーボールは現在、実業団チームを中心に構成される「Vリーグ」というカテゴリーがあります。男子はV3まで女子はV2リーグまで活動があり、入れ替え戦も含めて年間でリーグ戦を行なっています。

当然実業団がメインである以上、働いて給料が発生しているのであってスポーツのみの活動というわけにはいきません。普段は所属している企業で練習時間外に仕事を行いつつトレーニングを行なっています。(現在、数チームがプロクラブとして経営)

リーグ全体のプロ化に向けて

「Vリーグ」は現在プロ化に向けて構想段階にあります。リーグ自体のプロ化(スーパーリーグ構想)を目指しています。しかし現在は実現出来ておりません。

では、何故プロ化を目指すのか?

それはスポーツに対する各企業の支援体制が離れつつあるからです。バレーボールだけでなく社会人野球や駅伝などスポーツでの支援を打ち切る企業が近年増えております。

プロ化の課題

実はプロリーグの構想に絶対的に必要なもの

それは運営費(施設費・選手年俸など)です。

当然選手を雇うには費用が掛かります。その費用はスポンサーからの協力金だけではまかなう事が出来ず、Jリーグ同様に競技場へのチケット売り上げやグッズ売り上げ、そして選手移籍による移籍金などが元手になります。

国内のJ1リーグを例に見ると、2015年は17,803人で2019年は20,751人と平均観客数は増加しました。以下は該当時期が分かりにくいですが、左から2015年となります。(総試合数/総観客数/平均観客数)

各競技場の50%程度の集客です。

その点で考えるとバレーボールはどうでしょうか?

総観客数は上下していますが、平均数は減少傾向となっています。またJリーグに比べても母数が低い為、実際にプロ化して収益を上げていくには別の手段で賄わないと選手への費用が払えないといった問題が出てきます。

世界では各種スポーツが盛んな国ではプロ化されている種類も多くありますが、ファンの総数が必要となりますので日本でのプロ化は非常に難しいのが実態のようです。その点バスケットはしっかりと収益性を他から持ってきているのでスタートが切れたと考えられます。

以上の様に、プロ化への課題はファンという最も大切な部分が取り込めないと難しいのが実態です。働き方改革などで余暇の過ごし方が少しでも変わり、スポーツ観戦の幅が広がればプロ化が増えるかもしれませんね。皆さんも普段やったことがないスポーツにチャレンジするともしかしたら新しい趣味になるかもしれませんので、この週末はスポーツ応援に行ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました